スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


然別湖①

タウシュベツ→然別①幻の橋梁見学ですっかり満足感を味わった後は、その近郊にある様々な施設に案内してもらいました。

ここは旧幌加駅、昭和14年に開業し、昭和53年まで使われた駅舎です。

いろいろと調べてみますと、このあたりには昭和29年の洞爺丸台風が原因で大量の風倒木が発生したそうです。

そしてその処理に多くの造材人夫が入り、住宅、商店、事業所などが建設されたそうです。

台風が原因で町ができた?



タウシュベツ→然別②ちょっと今では考えられないことです。

でも8年後の昭和37年頃にここ幌加には約80軒の建物があって、350人くらいの人が住んでいたというのです。

それにしても8年間も風倒木の処理をしていたんですかねぇ。

もしそうだとしたら、ものすごい災害だったということですね。

でも結果的に風倒木の処理が終わると、人は次第に消えていったそうです。

タウシュベツ→然別③今では、このあたりには民家や店は全くありません。

それでも、やはり鉄道ファンはいるもので、この日も何人か訪ねて来ていた人がいました。

う~ん、どんな歴史があったとしても、自然に囲まれているこの場所はとても落ち着きます。




タウシュベツ→然別④鹿のフンがあちこちにあるので、時間帯によっては出くわす可能性もあります。



タウシュベツ→然別⑤幌加駅の跡から帰路につくと林の向こうにまたまたアーチ橋らしきものが見えてきました。



タウシュベツ→然別⑥どうやらこのアーチ橋は上の部分がきちんと整備され、今でも使われているようです。

とても美しい数々のコンクリート橋は、少しでも多く残したいものですね。

貴重な体験をさせてもらった「アーチ橋見学ツアー」もこれで終了です。



タウシュベツ→然別⑦この日の宿泊地はこの糠平湖から峠を越えていかなければならず、暗くならないうちに現地に到着したいものです。

先ほどまで、ほとりにいた糠平湖がいつのまにか眼下に見えます。

峠では鹿の群れに出くわすなど、不安を感じるドライブになってしまいました。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

大自然は凄いですね・・・

誰もいなくなった駅も何だか哀愁が感じられます。
生活するには厳しい場所なんでしょうか?
- WELCOME -
このブログへの通算訪問者数
プロフィール

親G77

Author:親G77
アバター


~北海道釧路市在住~

意外と地元のいいところを見逃しているのではないかと思い、改めて訪ねてみる気になりました。記事を見て旅をしている気分になってもらえればうれしいです。


Powerd by igosso似顔絵アバター

■忍者アド■


旅費お小遣いはブログで稼いじゃいましょう! 無料簡単登録手軽にお小遣いを稼げるのはこちら♪

忍者AdMax

↑こちらから登録できます♪

広告バナーをブログに貼るだけ。広告をクリックしてもらうと課金されるシステム。2ティア制で、紹介した人の広告掲載料の5%が紹介者に還元。他にもアクセス解析やカウンターなどのツールを好みで使うことができます。
PR(AB)
乗馬 乗馬
転職サイトはDODA キャッシング 比較
引越し バンタンデザイン研究所
エステ 「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!
ディズニー ミッキー 腕時計 【家庭学習の決定版!】勉強が楽しくなる!魔法の学習法☆インターネット学習塾【ショウイン】
JHA online store 脂肪吸引 ベイザー
福祉 求人 授乳後 豊胸
グアム ホスティング
バイク査定 レーシック
PR(TG)
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
ADgger
ブログのためのアフィリエイト

札幌駅で結婚しよう
■2015/02/20~2015/05/23

帯広で結婚しよう
■2015/02/20~2015/05/23

最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
アクセスランキング&PR(A8)
激励の応援お願いします!

人気ブログランキングへ

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅information
















RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。